• TITLE ミニマリズムの本質ってなに?
  • YEAR2018.08.04
  • TAG
ミニマリズムの本質ってなに?

ミニマリズムの本質ってなに?

どーも。僕です。

みなさんは「ミニマリズム」という言葉を聞いて何を思い浮かべるでしょうか?

そもそもミニマリズムって何よ?というはなしですが。

ミニマリズム (Minimalism <英語>)とは芸術の諸分野美術・建築・音楽・哲学・生活様式で、要求される要素を最小限度まで突き詰めようとした一連の態度に発生する最小限主義。

とあります。

最近では「ミニマリスト」なんていう何も持たない生活をする人がいる、なんてのもよく聞くのではないでしょうか?

また、もっと最近ではミニマリストは無個性だからつまんない「マキシマリズム」だろなんて声も聞くようになりました。

minimalism_pict.jpg

家にはテーブルも無い、ベッドも無い、家電も無い、服も無い、何も無い部屋で生活をしているけどMabookだけひろげて「ドヤァー」としてるのがミニマリストだとよく取り沙汰されていますよね。

正直違和感しかありませんし「ミニマリズム」の本質ではないような気がします。

果たしてそのような生活が「幸せ」だと言えるでしょうか?不便ではないでしょうか?ミニマルとは何も持たないことではりませんし、執着を持たないことでもないと思っています。

ましてや不便さに慣れることでもないと思っています。

ミニマリズムは考え方

ぼくの考える「ミニマリズム」は自分にとって必要な物だけを選んでいくことが「ミニマリズム」だと思っています。

人それぞれ必要な物は違いますし、人それぞれのミニマルのかたちがあると思っています。

単に物を減らすことがミニマリストでは無いと思っています。

人間とは選択肢が多ければ多いほど迷う、と言われていますがミニマリズムはそういった迷いを無くし、自分が本当に欲しい物、必要なものを見極める手段のひとつだと思っています。

必要な選択をしていくことで自分の中の優先順位が決まっていく。そういうものだと思っています。

つまり、服が好きで服を多く所有しているミニマリストがいてもおかしくないですし、ゲームが好きでゲームを多く所有しているミニマリストもいるわけです。

「物が少ない」 = 「ミニマル」ではありません。

必要なものは必要

必要なものまで捨てることがミニマルではないことがわかると思います。

ミニマルなアイテムを持つことがミニマリストではないですし、自分にとっての必要と他人にとっての必要は勿論違います。

ミニマルの本質は「自分に必要なものだけを選ぶ」それがミニマリズムだと思っています。

みなさんにとってのミニマルはどのようなものでしょうか?それでは。